Alexander Technique Lesson

アレクサンダーテクニークのレッスンではテーブルワーク(寝た状態でのワーク)、チェアワーク(イスを使った立つ、座るなどシンプルな動作でのワーク)そして実生活への応用の3ステップでレッスンを行います。


テーブルワーク(寝た状態でのワーク)

身体を本来あるべき形に導く
腰痛や肩こりになる人は成長する過程で身体的な悪い癖を持つようになり、常にどこかの筋肉を緊張させてしまっていることが原因の一つになっています。 テーブルワークでは寝た状態から身体を本来あるべき形に導きます。
正しい身体の使い方からリラックスした精神状態を取り戻す
テーブルワークを終えると、身体は本来の「長さ、広さ」を取り戻すため、体が大きくなったように感じるかと思います。
また、緊張状態を引き起こすのは精神的要因もあり、正しい身体の使い方からリラックスした精神状態を取り戻すことができます。

top top top

チェアワーク(イスを使った立つ、座るなどシンプルな動作でのワーク)

不必要な緊張が原因を気づかせる
立つ、しゃがむ、座るなどのシンプルな動作を繰り返し、自分の身体的な癖を見直します。
例えばデスクワークで肩がこる、というのはよく有ることですが、それらの不必要な緊張から起こる各症状の原因をチェアワークで気づくことができます。

top

実生活への応用

能力発揮を目的としたプログラムで実生活の活用
日常生活やスポーツ、そしてパフォーマンス(演劇、音楽、ダンスなど)など日々の生活で実践応用できる個別の指導をします。
長年の訓練で癖づいた行動の問題点の分析、指摘などから、これまで以上の能力発揮を目的としたプログラムでアレクサンダーテクニークの実生活の活用を目指します。
実際の生活の中で、必要な力、不必要な力を見極めることで、より楽で効率的なを活動をしていくようになり、様々な問題が根本的に改善します。


以下ではピアノとの融合や初回半額コースをご案内します。

アレクサンダーテクニーク

ピアノとの融合

とりあえず試したい

初回半額コース